腰痛の原因とアドバイス

腰痛の原因とアドバイス

腰痛の原因とアドバイス

腰の痛みはなぜ起こる? 腰痛の原因
腰痛には、ぎっくり腰のように突然おこる
急性腰痛症から、繰り返し起きる
しつこい慢性腰痛症まであります。

 

腰痛の原因とアドバイス

 

中には、腰のせいではなく、内臓の疾患のせいで
腰に痛みが出るケースもあり、その原因、程度も
様々です。

 

以前は、明らかな背骨の疾患や内臓が原因の痛み
以外の腰痛は、関節や筋肉の損傷や負担が
原因という見方が主でしたが、近年では
それだけではなく、心理的な影響、社会的な影響も
腰痛の原因に関わっているのではないかという
見方も多くなってきました。

 

体を酷使する肉体労働でも、長時間座り続ける
デスクワークでも、腰痛になることがあります。

 

腰痛の原因とアドバイス

 

腰に無理がかからない姿勢を取れば
腰を支える筋肉の働きもしっかりしてくるのですが
体にとって良くない姿勢を取り続けてしまうと
腰に悪い刺激が入り、腰を支える筋肉の力が
弱まってしまうことがあります。

 

それが毎日のように繰り返されると
椎間板の水分が減少し、後々、そこに亀裂が入る
といった変化が起こる可能性もあり
状態によってはそれが原因で腰痛や
関連する症状を引起すことにもなりかねません。

運動不足が原因の腰痛

腰を酷使しなくても腰痛にはなります。
腰痛の人は、腰を支えるための複数の筋肉が
緊張して硬くなっていることが多いようです。

 

これは、軽症のうちであれば、腰周りの筋肉を
柔らかくするような、簡単なストレッチや運動で
ご自身で緩和させることが可能です。

 

しかし、腰周りをほぐすような運動をせずに
筋肉の硬くなり始めを放置しておくと
ちょっとストレッチをしたくらいでは、腰痛が
楽になることを実感しにくくなります。

 

腰痛の原因とアドバイス

精神的な緊張が原因の腰痛

頭の中であれこれ考えるといった、精神的な負担を
余儀なくされながら、荷物を抱える作業などを
行っている時、腰背部の筋肉へかかる負担は
精神的負担がない時よりも、かなり増加する
と言われています。

 

また、腰痛の痛みに耐えたり、腰の心配をして
不安になったるすることで、余計にストレスが
増してしまい、腰痛が慢性化してしまうこともあり
ます。

 

中には、うつ病と関連しているケースもあります。
長時間のデスクワークや車の運転
姿勢が悪かったりと、日常生活の中に
筋肉疲労の原因があることがほとんどです。

 

痛みの程度は様々で、病院でのレントゲンにも
異常は認められないことが多いです。
このタイプの腰痛は、心がけ次第で慢性化を
防ぐことができるでしょう。
逆に放っておくと慢性化をし
腰痛を繰り返しやすいのも特徴です。

 

腰痛の原因とアドバイス

 

● 長い時間パソコンをしている時
● 会議でじっと座っている時
● 出張で新幹線や高速バスに座り続けている時
● たまにしか履かないハイヒールで歩いた後
● ストレスがたまってイライラが続いた時
● マラソンやサッカーなど、運動をした後
● 寒い場所にじっとしていた日を境に
● 重い荷物を持ち上げた瞬間
● 体重が急激に増えてから
● 布団や枕を変えてから
● たくさん寝過ぎてしまったと感じた朝

腰痛にならないためのアドバイス

前かがみや直立した姿勢を続けていると
腰の筋肉に大きな負担がかかります。
姿勢をよくして、腰への負担をかけない
生活をしましょう

 

激しいスポーツや、重いものを持ち上げたとき
肉体労働などで腰の筋肉を酷使したときも
腰痛が起こることがあります。
急激な動作はさけ、腰に負担をかけないように
気をつけましょう。

 

運動不足や、加齢のために腰の筋力が
衰えている人は腰にかかる負担が大きくなり
腰痛を起こしやすくなります。
ふだんから運動して、筋力アップしておきましょ
う。

 

■ 日常生活動作以外の運動はほとんどしない

働き盛りの年齢であれば、日常生活の動作に
必要な最低限の筋肉の量は
ある程度保持できるかもしれません。
しかし、筋肉量ではなく、筋肉の正常な働きや
血行の良し悪しを考えると、日常生活での
動作だけでは足りません。
負担のかかりやすい部位が目立ってきたりもします
全身的な運動をすることが
腰痛予防につながります。

 

■じっと座っている・じっと立っている時間が長い

勢が悪くなっている人であれば
なおさら注意しなくてはなりません。
腰・骨盤周りの筋肉が疲労すると
姿勢の悪さは意識しても改善されにくくなります。

 

■1日を通して、無表情で笑顔が少ない

笑顔は筋肉をリラックスさせる効果があります。
腰の筋肉も楽しい時間を過ごすことで
リラックスします。腰痛を繰り返しやすい人は
笑顔が増える時間を過ごせるようにすることも
腰痛予防効果を上げるポイントになります。

 

■悩み事をしながら過ごすことが多い

悩み事は誰にでもあることかもしれませんが
その悩み事を考えただけで、体に緊張が走り
腰の支えが不安定になることがあります。
ストレス反応です。
頭の中はすっきりさせて過ごしたいところです。

 

■考え事をしながら作業をしている

考え事をしている時、腰には注意を払うことが
できていないことが殆どです。考え事の内容が
悩み事だったりとがストレス反応を
起こすものであると、腰を支える筋力のパワーが
低下することがあり、腰痛になる恐れがあります。

 

■腰痛が起こる動作を自分で分かっている

腰痛を伴う動作や姿勢は自覚していると思いますが
「屈むと痛む」と思いこんでしまい、屈む際に
体が緊張を起こし、腰に負担をかけることがありま

 

腰痛の原因とアドバイス

 

■腰の状態が気になり注意を払っている

腰に注意を払うことも必要ですが
気にし過ぎてしまうと逆効果になりかねません。
無意識のうちに腰の筋肉がこわばり
血流が低下してしまう場合があります。

 

 

長時間同じ姿勢をとることなどで筋肉や神経が
疲れそれが原因となって、腰痛になることがありま
す。

 

このようなときは、ビタミンB1とビタミンEを
とるとよいでしょう。

 

腰痛の原因とアドバイス

 

ビタミンB1には、筋肉の疲れをやわらげる
働きがあります。
ビタミンEには、血液の流れをよくし
筋肉の緊張をとる働きがあるので
痛みをやわらげるのに役立ちます。

 

腰痛の原因とアドバイス

リンク集

© Copyright 2016 腰痛の原因とアドバイスAll Rights Reserved.